クリエイティブフォーマットと配信面

レッスン 2/6 5分

男性のアイコン

配信面によって、広告の見え方はどう変わりますか?

男性のアイコン

代表的な配信面におけるクリエイティブのフォーマットを紹介します。

LINE広告では配信面によって対応するクリエイティブのフォーマットが異なりますので、クリエイティブを作る際に参考にしてみてください

配信面に対応したクリエイティブを作成しましょう

LINE広告では、LINEやそのファミリーサービスに広告を配信することができます。広告が配信される枠のことを「配信面」といい、配信面によって広告の見え方が異なります

配信設定を行う際、たとえば「広告をLINE NEWS面に出したい」といった特定の配信面の指定はできません。しかし、それぞれの配信面に適したフォーマットでクリエイティブを複数用意すれば、さまざまな配信面で広告が露出される可能性が高まります。

また、LINE広告では「トークリスト」「LINE NEWS」「LINE VOOM」への配信比率が高い傾向にあるので、クリエイティブを制作する際は、まずはこの3つの代表的な配信面の特徴を把握しましょう。

代表的な配信面

代表的な配信面(トークリスト、LINE VOOM、LINE NEWS)

主要な3つの配信面を含め、各配信面には対応したフォーマットと対応していないフォーマットがあります。クリエイティブを作成する際、下記の表を参考にしてください。

掲載面×フォーマット一覧

例えば、「LINE VOOM」で表示される静止画と動画のフォーマットは以下の通りです。

静止画の配信フォーマット(LINE VOOMの場合)

静止画の配信フォーマット(LINE VOOMの場合)

動画の配信フォーマット(LINE VOOMの場合)

動画の配信フォーマット(LINE VOOMの場合)

自社の広告をより多くのユーザーに見てもらうには、それぞれの配信面に適したフォーマットでクリエイティブを複数用意することが大切です。

フォーマット別・配信効果を高めるためのコツ

フォーマット別にクリエイティブを作成する際、より配信効果を高めるためのコツを紹介します。

静止画(スクエア)

LINE広告はスマートフォン環境でユーザーに見られるので、基本的には1ビジュアル・1メッセージといった視認性が高いデザインと、表現のインパクトやユニークさが重要になります。スクエアのほか、すべてのフォーマットでこの点を意識してください。

静止画(スクエア)クリエイティブの良い例と悪い例

静止画(カルーセル)

最大10枚の画像を並べることができるカルーセルは、最初にユーザーの目に止まる1、2枚目が重要です。小さな配信面でも、続きが見たくなるような内容やユーザー目線の訴求内容になっていることで、スワイプやクリックなどのアクションが期待できます。

静止画(カルーセル)のクリエイティブのポイント

静止画(画像(小))

他のフォーマットよりさらに小さなサイズで配信されるので、ビジュアルの視認性を担保することが最優先です。シンプルな画像で見やすさ・わかりやすさを重視しましょう。

静止画(画像(小))のクリエイティブのポイント

動画(カード・スクエア・バーティカル)

スマホをスクロールする中で、すべてのユーザーが動画広告を視聴完了してくれるとは限りません。そのため、静止画クリエイティブと同様、表示された瞬間にユーザーの興味関心を高められるかどうかが重要です

動画の視聴を継続してもらい、その後クリックなどのアクションを促せるよう、1フレーム目・1シーン目で広告のメッセージや内容がしっかりと伝わるように工夫しましょう

動画のクリエイティブ改善例

まとめ

  • LINE広告の配信面には、それぞれ対応しているフォーマットと対応していないフォーマットがあります。
  • フォーマットを問わず、静止画クリエイティブは視認性が高くなるように作成しましょう。
  • 動画クリエイティブも視認性を確保するとともに、なるべく1フレーム目・1シーン目で広告の内容が伝わるように工夫しましょう。

理解度チェック

配信面の特徴に合わせた、効果的なクリエイティブとして正しいものはどれでしょう?(1つだけ選択)

このレッスンは役にたちましたか?

ログインをしませんか?

結果を保存する場合はログインが必要となります

ログイン